グッチという名前

グッチという名前は、1881年に生まれたグッチオ・グッチというひとから取った名前です。
元々は麦藁帽子の会社の息子で、経営はあまり良い方ではなくホテルの皿洗いの仕事などをしていたそうです。
ホテルで学んだ事はお金よりも、王侯貴族の立ち居振る舞いを間近で見る事で、持ち物や物の考え方などを学ぶ事が出来たことの方が重要だったと考えていたようです。
その後グッチオは自分の店「グッチ」を作り、最初は鞄の修理などを主にしていたそうです。
これがグッチの始まりになったみたいです。
ブランドでは初めて、ブランド名にデザイナーの名前を入れたブランドだそうです。
グッチというブランドのほんの少しですが、知ることが出来ました。
グッチのブランドでは時計が好きで良く使っていますが、鞄も派手さがなくシンプルな作りなので非常に良いデザインだと思いますねん。
若い世代というよりは、大人の女性が持ち歩くブランドだと思いますねん。

ビジネス 関連情報

バーキンのほうなのですが、当時のエルメスの社長が、たまたま航空機内で一緒になったフランス女優・ジェーンバーキンのバッグの乱雑な中身をみて、彼女のために作ることを申し入れたのが始まりと言われています。 ヴェスパは、イタリア製のスクーターであるヴェスパがモデルですね。 基本的には欧米系のショッピングシステムで、いわゆるDIY系な要素が強くって、組み立て、持ち帰り方式なのですけど、そこは日本向けに、組み立ても宅配もされているので安心ですよ。 また改正後の建築基準法では構造耐力などに規定違反があった場合も、罰則が厳しくなってきます。